参加するボランティアサークルに参加したい

茨城点訳音訳友の会

 盲学校の児童・生徒の図書の不足を補うために、昭和32年から、「茨城点訳友の会」として点訳本を作る活動を始めました。
 その後、音訳テープの作成を開始し、平成2年4月に現在の「茨城点訳音訳友の会」に名称を変更しました。
 点訳・音訳ともに活動は、大部分各自の自宅で行っており、会員は茨城県内全域にいます。
 点訳や音訳をしなくても、視覚障害者の良き友達になりたい方は、どなたでも会員になれます。

自宅で録音中

自宅で録音中

目的 音訳、その他のボランティアを通して会員相互の親睦を計るとともに、視覚障害者のよき隣人として福祉活動をすすめる
主な活動場所 茨城県立点字図書館、会員の自宅
加入者数 42名
活動日 音訳(随時)、音訳勉強会(毎月第2木曜日)他
活動内容


研修旅行、栃木盲導犬センター前で

 県立点字図書館や 視覚障害者個人からの依頼で、あらゆる分野の書籍の音訳を各自の自宅で行っています。また音訳の技術向上のための勉強会を月1度行っています。
 会全体の活動として、会員と視覚障害者との交流と親睦をはかり、研修旅行は栃木盲導犬センターや茨城県自然博物館などの見学を行いました。専門の講師による学習会も実施。会員の情報交換の場になっています。
 盲学校児童との交流の場「お話し会」に参加して、朗読劇を行い、録音図書をプレゼントしています。

茨城点訳音訳友の会

〒310-0842 水戸市けやき台1-143-2  TEL 029-246-2043
連絡者氏名:清水 敏子