参加するボランティアサークルに参加したい

手話サークルしあわせ会

 「手話」は、耳の不自由な人々の生活から生まれた言語で、聴障者の大切なコミュニケーションの手段です。私達はそんな手話の素晴らしさに魅せられ、聴覚障害者と交流したいと集まった手話仲間です。週に一度集まって手話を学び、また聴障者からいろいろな体験をうかがったりし、和気あいあいと楽しくやっております。
 多くの方々からのご支援、ご協力のおかげで、平成23年に創立30周年を迎えました。平成15年には厚生労働大臣感謝状を受賞し、最高の栄誉をかみしめ、ひき続き幅広い活動を続けております。

弘道館公園にて昼食交流会

手話体験コーナー

目的 手話を学び、手話仲間としてボランティア活動をとおして、障害者と会員の相互理解を深めると共に、お互いの幸せを求める
主な活動場所 学習の場は、水戸市福祉ボランティア会館内
加入者数 約45名(うち17名は聴覚障害者賛助会員)
活動日 学習日は、毎週土曜日午前10:00~12:00
活動内容
  • 研修活動
    1. 聴障者と共に学ぶ姿勢を忘れずに、手話学習を充実させる
    2. お互いに理解を深めるためにも聴障者との交流の機会を多く持つ
  • ボランティア活動
    1. 手話ボランティアとして活動(例 身障者スポーツ大会、ふれあいのひろば、福祉作業所「工房ふくろう」、聴障者団体の研修など)
    2. 手話体験を通じて、手話の普及と聴障者理解の啓蒙(例 ちびっこ広場、愛パーク祭、ボランティアまつりinミオスなど)
  • 社協への協力
    1. 学校での手話体験(教室)の指導
    2. 手話体験コーナーの運営
    3. その他さまざまなボランティア活動に参加