相談する日常生活に関すること

県央地域成年後見支援事業(定住自立圏構想にかかる事業)

定住自立圏構想では,医療,環境など大きく分けて7つの取り組みがあります。その中で福祉の分野では,成年後見制度の普及啓発等に関する「県央地域成年後見支援事業」を掲げています。

成年後見制度とは 認知症などにより,判断能力が不十分な方を保護するため,代理権・同意権・取消権を付与された成年後見人などが,本人に代わって財産管理や福祉サービスの利用契約などを行う制度です。
県央地域成年後見支援事業とは 具体的な取り組み及び成年後見制度に関する説明はこちらです。
お知らせ・報告 学習会などのお知らせや報告、「権利擁護サポートセンターだより」を掲載しております。
活動計画 令和3年度の実施計画です。

定住自立圏構想とは

詳しくは,総務省ホームページまたは,水戸市役所ホームページをご覧ください。

 

日常生活自立支援事業

認知症高齢者及び知的障害者,精神障害者など判断能力に支援を要する方で,福祉サービスの利用の仕方がわからない,金銭管理に不安があるなど課題がある方に,日常生活における支援を行います。

お問合せ先

相談支援課 権利擁護サポートセンター

オンライン相談はじめました
  • 電話番号:029-309-5001
  • FAX番号:029-309-5525